高速バスでの移動は実際どう?快適?

高速バスでの移動は実際どう?快適?

高速バスをよく利用していますので、まあよく「高速バスってどう?」とは聞かれますよね。やはり、馴染みのない人にとっては高速バスって未知の世界の乗り物のようですから。

そして「どう?」と聞かれましても、その答えは「バスだよ」というものでしょう。漠然と聞かれたところで、やっぱりバスはバスであり、電車にはなれませんから。


ですから高速バスの乗り心地は、やっぱり「バス」なのですよね。高速バスだからといって、イスが広いわけでもなく、電車とは違ってラグジュアリーなリクライニングシートになっているわけでもありませんから。

しかしまあ、電車に比べますとやはり高速バスの方が、座り心地はいいでしょうか。電車においても、グリーン車などと比べてしまいますと、そりゃあ劣っているという評価が下されるかも知れませんが、しかしやはりバスの方が座る部分のクッション性が高かったりと、「長時間座る」ということも考えられて作られているといった印象ですね。

そして次に聞かれることとしましては、「知らない人と長時間隣同士ってイヤじゃない?」ということですが、バス会社の方で配慮してくれますから。乗車率50%のところを無理に前方につめて乗客を座らせませんから。ちゃんと隣りが空席になるように、バス会社の方で配慮してくれますから。

たとえ、予約時では隣に誰かいる席しか空いていなかったとしても、高速バスは結構キャンセルが出たりしますので、当日とはまた乗車率にしても、予約されている席の位置にしても違っていたりするのですよね。

ですから当日のバスないの状況によって、席を変わったりすることもある程度は可能だったりするのです。運転手さんに行って融通を効かせてもらえることもありますから。

ですから、「隣りに誰か知らない人が座られたらイヤだから」と、隣りのもう一席分まで予約する必要もなかったりするのです。まあ、どうしても隣りを空席にしたいというのでしたら、そりゃあもちろん隣りの席を予約することに越したことはありませんが。

そして「トイレ事情」についてですが、トイレ付きの高速バスはありますよ。大体4時間を越える乗車の高速バスとなりますと、トイレ付きのバスになってくる傾向はあります。それに、SAでトイレ休憩も設けられていますし、トイレ事情はどこまで過剰に心配することもないでしょう。

ですからまあ、高速バスでの移動はバス酔いをしないという人ならば、なかなか良い移動手段だと言えるでしょう。なにより出費を抑えられるところが助かるのです。